【12月2日18時迄】エックスサーバーキャンペーン実施中!キャッシュバック&ドメイン永久無料

記事がパクられた! 【DMCA申請】検索結果から追放する方法

便利ツール

時間と愛情をかけて作成した記事がパクられてるのを発見したら、

 

すんげえムカつきますよね?

 

そんな時は落ち着いて「DMCA申請」を検討しましょう。

 

ふくちゃん
ふくちゃん

DMCA申請とは著作権を侵害しているパクリサイトの記事をGoogleの検索結果から追放する方法。

 

パクってんじゃないよー!ばかー!

 

先日、私も運営サイトのパクり記事を発見しDMCA申請しました。

 

その時のDMCAの申請方法を含め、一連の流れをお伝えします。

 

あなたの作成したデジタルコンテンツ(文章・SNS投稿・イラスト・音楽等)がパクられた時にこの記事のことを思い出していただければ嬉しいです。

DMCAとは=デジタルミレニアム著作権法

デジタルミレニアム著作権法 (デジタルミレニアムちょさくけんほう、英: The Digital Millennium Copyright Act、略称: DMCA) は、アメリカ合衆国 (米国) で1998年10月に制定・施行された連邦法

(引用:デジタルミレニアム著作権法ーWikipedia)

 

このデジタルミレニアム著作権法に基づき、Googleがパクリコンテンツを検索結果から削除してくれます。

 

初心者だとか記事数が少ない・収益が少ない、、、そんなことは一切関係ありません。

 

記事がパクられてくやしい!!という気持ちにフタはしないでくださいね。

DMCAの申請方法(著作権侵害による削除要請)

①Google Search Consoleにログインした状態で以下のリンクを開きます。

著作権侵害による削除

 

②必要事項を入力します。

 

  • 名前(名)
  • 名前(性)
  • 会社名(任意)
  • 自分が代理を務める著作権所有者
  • メールアドレス
  • 国/地域

◆名前は漢字でもローマ字でもどちらでも。

◆「著作権所有者を選択」はプルダウンから「本人」を選択

◆メールアドレスは念のためサーチコンソールに登録したものがおすすめ

◆国・地域は在住国を選択

◆「申し立ては予定されているライブイベントの~」は「いいえ」を選択

 

 

  • 著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明

どの文章・画像などが無断で引用されているか、著作物がどのように著作権侵害されているかを入力します。

  • 当該著作物が許可を受けて掲載されている場所

あなたの記事のURLを入力します。

  • 権利を侵害している著作物の場所

パクってきた記事のURLを入力します。

 

※あなたの記事のURLとパクリサイトのURLを入力する場所は間違えないようご注意ください。ここを逆にしてしまうと、あなたの記事がパクリサイトとして認識されてしまいます。

 

③宣誓供述書を確認し、チェックボックスにチェックを入れます。

 

④署名をして「送信」をクリック。

 

◆署名日は「月/日/年」の順番です。

◆「私はロボットではありません」にチェックをいれます。

 

申請が完了すると削除用ダッシュボードに状況が表示されます。

DMCA申請は本名じゃなきゃいけないの?

DMCA申請を躊躇してしまう理由が「本名での申請」ってところかと思います。

 

DMCAで削除されたサイトのデータベースで詳細の確認ができるのですが、そこには申請者の本名も表示されてしまうんですね・・・

 

ふくちゃん
ふくちゃん

こっちは被害者なのになんで本名晒さなきゃいけないんだ!

 

対応方法として考えられるのは、

申請フォームの「会社名」の欄に会社名や屋号を入力することで、データベースに記載される情報は本名ではなく「会社名」となります。

 

ただ、ほとんどの方は会社名や屋号がない状況でブログ運営をされているのではないでしょうか。

 

本名がネット上に載ってしまうことにハードルを感じる気持ちも理解できます。しかし、虚偽申請は法的に訴えられる可能性も。

 

こちらのブロガーさんは「サークル名」でDMCAの申請をされたお話を投稿されていたのでご参照くださいね。

参照記事 本名を晒さずGoogleに削除依頼(DMCA侵害申し立て)できたお話

DMCAの審査はどのくらい時間がかかる?

早ければ数時間~数日でGoogleから審査結果の連絡があります。

 

私が先日行ったDMCA申請は1ヶ月かかりました。

 

タイミングや寄せられる申請数によって審査時間は変わるのかもしれません。気長に待ちましょう。

DMCA申請後、審査が完了するとGoogleから連絡があります

DMCAの審査が終わると、removeals@google.comからメールで連絡があります。

 

ふくちゃん
ふくちゃん

迷惑メールかな、と勘違いしないように注意してね!

(←勘違いした人)

 

こちらは「Googleの検索結果からまもなく削除します」・・・著作権侵害の申し立てが通ったパターンです。

 

こちらは「問題のコンテンツを特定することができませんでした」・・・いやいや、思いっきりパクってるだろー!というコンテンツでもなぜか申請が通らないことも。

 

削除用ダッシュボードも状況が更新されています。

おまけ:あえてパクリ野郎を泳がせてみることも

私は性格がひねくれた暇人ですので、パクリを見つけても「ちょっと泳がしてみるか」と様子をうかがうこともあります。

 

人の文章パクって、自分で考えることを放棄したブロガーがその後どうなっていくか?を見届けたい、、、という超絶くだらない興味からなんですけどね。

 

主に2種類のタイプにわかれる傾向があることがわかりました。

 

①更新がストップする

ブログって「自分の発信が誰かのお役に立ててる実感」がなければなかなか継続できません。

 

他人の言葉を借りてブログ運営してたってやりがいを感じることはできない。報酬を上げることも難しいでしょう。

 

②LINE@系情弱ビジネスに参入

Twitterでブログ初心者や在宅で稼ぎたい方たちを集め、LINE@に誘導、なんらかの商材を売るビジネス始めるパターン。

 

ブログで報酬を得るより、情報弱者にnoteやコンサル、オンラインサロンを売った方が手っ取り早いと考えるのかもしれません。

 

もちろんちゃんとしてる方はちゃんとしてる。でもね、その人は「ブログで稼いでいるのか」「ブログを【教えて】稼いでるのか」は見極めが必要。

 

なので、「他人のコンテンツをパクる」ような人は、遅かれ早かれブログやアフィリエイトの世界からいなくなる可能性が高いのかな、、、と予想しています。

 

タイトルとURLをコピーしました